初心者でも簡単に出来るロレックスのベルト調整方法☆

2018.03.03(土) | ブランドピース心斎橋店

ブログをご覧頂きありがとうございます☆

ブランドピース心斎橋の横井です。

 

前回、ロレックスの時間調整と日付変更のブログを書いたので、今回はロレックスのベルト調整方法のブログを書きたいと思います( ^ω^ )

 

それでは、ご自身でも簡単に出来る『ロレックスのベルト調整方法』をご紹介したいと思います☆

ロレックス デイトジャストで、サイズ調整方法をご紹介したいと思います。

ロレックスのブレスレット調整方法

STEP1.必要な工具を揃える

ブレス調整に必要な工具はコチラ!

①精密ドライバー

②万力

精密ドライバーは時計のコマを外す為に必要となり、万力は時計を固定する為に使用します。

楽天やホームセンターなどで簡単に揃えることができる工具になります♪


STEP2.ブレスレットのコマを外す

工具を揃えたら、早速ブレスレットを調整していきましょう。

今回は腕回り約16cmから約14cmに変更したいと思います。

ブレスレットのサイドにマイナスネジがあります。

このマイネスネジがあるコマが外す事の出来るコマとなるので、このネジを外していきます。

まず時計を安定させるために、万力で固定します。

しっかりと固定した状態でドライバーでネジを回していきます。

ここでの注意点はドライバーのサイズ選びとなります。

ドライバーが小さければ、傷がつく可能性やネジ穴が潰れる恐れがあり、逆に大きすぎてもネジ穴に入りません。

ネジを外す際は、必ずネジ穴にあったサイズのドライバーを使用して下さい。

しっかり固定された状態で、ドライバーを反時計回りに回すとネジが緩みます。

このようにネジが飛び出たら、あとは指でつまむとネジが抜けます♪


STEP3.ブレスレットのコマを繋げる

上記の要領で外したい分のコマを外したらブレスレットを繋げていきます。

外したベルトをしっかり合わせ、ネジを差し込みます。

外した時とは逆に、ドライバーを時計回りに回し、ネジをしめます。

3コマ抜いて、腕回りを約14cmに変更できました♪


STEP4. バックル(クラスプ)でのサイズ調整

もう少し自分の腕にあったサイズに変更したい方は、バックル(クラスプ)でのサイズ調整で微調整も行えます☆

赤丸で囲ったバックル(クラスプ)は、最大1.5cmの調整が可能となっており、コマを外して調整するより、細かな調整が可能です。

必要な工具は下のような細いピンです。

片方の穴からバネ棒を押します。

感覚としてはズラして取る感じです。

一番外側に付いていたバネ棒を一番内側に付けみました。

ベルトの余りコマをなくされた方は、バックル部分の調整で、最大1.5cmですがサイズ調整が可能ですので試してみて下さい。

 

ロレックスをお持ちの方で、自分の腕回りより、大きいな・小さいなと思われた方は、100円均一などで工具を揃えて、ぜひサイズ調整をチャレンジしてみてください(^_-)-☆

長くなりましたが最後までお読み頂きありがとうございますm(__)m

 

 

前回書いた、ロレックスの時間調整と日付変更のブログもチェックお願いします☆

→→→ロレックス豆知識『時間調整と日付変更』機械式時計の時間の合わせ方

 

ブランドピース心斎橋店

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-5-1 FIB心斎橋ビル

1F販売フロアー/2F買取フロアー

■営業時間 11:00~20:00(年中無休)
■Free-call 0120-691-884
■Tel    06-6251-6636
■Fax    06-6251-6638
■Mail    shinsaibashi@brand-peace.com

≫地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩3分!心斎橋駅からのアクセス方法はコチラをクリック!

お車でお越しのお客様へ・・・心斎橋店周辺のパーキング・駐車場情報はコチラをクリック!

≫簡単LINE査定受付中!

≫心斎橋店公式SNSも随時更新♪

 

カンタン無料査定はこちら
LINEで
簡単査定 無料
メールで
簡単査定無料
電話で
簡単査定無料