ロレックスのエクスプローラー2(Ref.16570) 製造年によって、仕様が違います!

2018.10.11(木) | ブランドピース心斎橋店

ご覧頂きありがとうございます。

 

ロレックスの人気スポーツモデルの1つ!

エクスプローラー2

ロレックス エクスプローラー2 

 

前モデルの「Ref.16570」ですが、実は、製造された年で、少し仕様が異なっています。

同じモデルでも、仕様によって、製造された年数がわかるのです☆

モデルチェンジとまではいかないのですが、少しだけ改良されています。

 

どういうところが改良されているのか、ご説明します(^-^)

 

本来、シリアルナンバーを見て、年数を確認しますよね。

でも、シリアルナンバーを見なくても、「年数が古いもの」や「新しいもの」だということが、だいたいわかります!

 

これ↓

エクスプローラー2 16570 年数の見方

バックルなのですが、「シングルバックル」の仕様です。

このシングルバックルのエクスプローラー2は、年式が古いもの

 

現在のバックルは・・・
ロレックス エクスプローラー2 16570 年数の見方

 

上記の赤い丸のように、留め具がついています!

そして、バックルにも模様がついていますね☆

エクスプローラー2 16570 年数の見方 Wロックバックル

シングルバックルだと、衝撃で外れることもあります。

が!このダブルロックバックルだと、激しい運動をしても、ブレスが外れない♪

(シングルバックルでも、なかなか外れませんが笑)

 

このダブルロックバックルの仕様になったのは、だいたい1997年頃からです!(U番あたり)

逆に考えれば、シングルロックのバックルは、1991年~96年くらいに製造されているものだと検討がつきますね!

 

そしてもう1箇所!

時計の横にある、この横穴!

エクスプローラー2 16570 年数の見方 Wロックバックル 横穴

ブレスを時計本体から外す際、ここからバネ棒を外します。

名前はその通りの「横穴」です(笑)

 

年式がまだ新しいエクスプローラー2は、横穴がなくなっています。

この横穴がなくなったのは、だいたい2004年頃です。(F番あたり)

 

ということは、Wロックバックル+横穴のRef.16570は、97年~2003年に製造されたものだと検討つきますよね(^^)

 

Wロックバックルで、横穴がないRef.16570は、2004~2011年に製造されたものですね☆

 

 

こんな感じで、同じRef.16570でも、年式によって仕様が違うものが存在します。

この仕様の違いで、買取価格も変わりますから、注意が必要ですよ(^^)

 

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_)m♪

ブランドピース心斎橋店

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-5-1 FIB心斎橋ビル

1F販売フロアー/2F買取フロアー

■営業時間 11:00~20:00(年中無休)
■Free-call 0120-691-884
■Tel    06-6251-6636
■Fax    06-6251-6638
■Mail    shinsaibashi@brand-peace.com

≫地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩3分!心斎橋駅からのアクセス方法はコチラをクリック!

お車でお越しのお客様へ・・・心斎橋店周辺のパーキング・駐車場情報はコチラをクリック!

≫簡単LINE査定受付中!

≫心斎橋店公式SNSも随時更新♪

カンタン無料査定はこちら
LINEで
簡単査定 無料
メールで
簡単査定無料
電話で
簡単査定無料