フリマアプリ 真贋 偽物の見分け方をまとめてみた

2020.06.19(金) | ブランドピース池袋店

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
ブランドピース池袋店 鑑定士の井出でございます。

本日は【フリマアプリでコピー品を購入してしまわないように気を付けてほしいポイント
についてお伝えしていきたいと思います。

フリマアプリの普及により、中古ブランド品を購入される方も増えてきているのではないでしょうか。
ただその中には、いわゆる正規品ではない【コピー品(基準外商品)】も多く出品されているのも事実です。
私共の所にそのようなお品が持ち込まれることも、メルカリやラクマといったフリマアプリの普及とともに増えてまいりました。
普段はあまりこのような問題に触れてこないようにしてきましたが、あまりにも被害が甚大のため
ブランド買取業界のひとりとしてお話をさせていただきたいと思います。

 

そもそもコピー品を買うことは犯罪?

結論から言いますと、コピー品を買ってご自身で使っていただく分には犯罪ではございません。
(ただし、所謂コピー品を購入されるということが、違法な行為をしている業者に加担しているということは忘れないでください。)
そしてその商品を再度販売するとなると商標法に抵触し、懲役10年の実刑を受ける可能性もございます。
なお、再販売の場合私共のような買取店ではお値段が付きません。
お使いいただくにしても、わかる方には正規品ではないとわかります。私共はぱっと見で見分けがつきますよ・・・

こればかりは個々人で考え方が違うところですが、日々ブランド品に携わる立場としては
コピー品を購入することは最大のブランドへの裏切り行為と言わざるを得ません。
コピー品で高見えは全く狙えません。むしろご自身の評価を下げることにつながります。
お値段はもちろん高いですが、ぜひ正規品をお手にされてみてください。
手に入れた喜びや充足感はコピー品となんて比較にすらならないかと思います。

 

買取店が「偽物です・コピー品です」と言えない理由

私共買取店では、疑わしき商品については「偽物です」「コピー品です」とお伝えしておりません。
各社言い方は多少異なりますが、基本的には「基準外商品です」「お取り扱いできない商品です」とお答えしております。
というのも、偽物本物をお答えできるのは商標権を持つブランド側でしかお答えができないためです。
(例えばルイヴィトンの商品であればルイヴィトンの店員さんなどですね)
ただし、基準外商品については各社それぞれ基準が異なります。
いくつか買取店を回っていただいて、それぞれから基準外との回答をいただいたならば
コピー品である可能性が非常に高いです。
確実に本物か偽物か知りたいという場合は、ブランド側に何か理由をつけて修理依頼をしてみてください。
所謂偽物ですと修理そもそもを受け付けてくれません。

 

フリマアプリは偽物が蔓延しているのか?

今やフリマアプリを使っていない層の方が少数!?というほど、フリマアプリが世の中に普及してきましたよね。
実際コピー品って売買されているのか?と気になる方が多いかと思いますが、
事実、コピー品は普通に販売されていますし、すでに売れている商品もございます。

 

フリマアプリの運営は偽物の取り締まりはしている?

フリマアプリの運営側は偽物の取り締まりをしているかというと、しているけれど完全ではない、というのが実情でしょうか。
個人的には、メルカリは比較的対応している印象で、ラクマ(旧フリル)はやや野放し状態のような印象を受けます。
完全な正規品でも説明や画像が不十分で消されてしまうものもあれば、あれ?というものでも消されずに残り、はたまた売れてしまっているものも・・・
フリマアプリの運営側に鑑定士がいるのかはわかりませんが、写真だけだと私共鑑定士でもわからない商品は多いです。
(後で書きますが、中には写真のみ正規品を使う出品者も少なからずいます)
そのため、写真だけで判断して取り締まれるものは明らかなコピー品のみではないでしょうか。

・・・こう考えるとフリマアプリでどう自衛していくか不安になってくる方も多いと思います。
ということで、今回はフリマアプリの出品者を見てきてコピー品を販売している出品者の特徴と
基準外率も併せて一緒にご紹介していきたいと思います。

 

偽物商品率:90%(ほぼ基準外)

1.出品者の評価が0
ヤフオク・メルカリ・ラクマ(旧フリル)などオークション・フリマアプリは必ず出品者の評価がコメント付きで見られるようになっています。
購入前には必ずそちらをチェックしてみましょう。
優良な出品者であれば、評価が少なからず10以上はあるはずです(個人的にはブランド品を購入される場合は100以上評価が集まっている出品者が好ましいかと思います)
とりわけ、偽物を販売されている出品者は評価数が0、多くても5以下のケースが非常に多いです。

とはいえ、みんなスタートは評価が0ですよね。
フリマアプリを始めたばかりで今後ブランド品を販売される予定の方は、まずは真贋が多く問われない価格帯の低いものや日用雑貨等を売ってみるだとか、逆に購入に徹して評価を積み上げておくのがベターかと思います。

2.通常商品についていないものがついている
例えばヴィトンであれば、シャネルやプラダのようにクレジットカードサイズのギャランティカードは付属しません。
そのようなものが付属している場合は、偽物の可能性が非常に高いです。

3.定価と売値(相場価格)が極端に乖離している
そもそも定価が30万円のバッグが未使用状態で3万円で売っていたら明らかにおかしいですよね。正規品なのであれば買取店の方が圧倒的に高くでお買取りできます。
なるべく購入したい商品については公式サイト等で定価、中古品であれば楽天などのECサイトで価格相場をチェックしていただき、あまりにも定価と乖離した値段の商品については購入を避けることがベターです。

4.プロフィールや出品詳細にLINE IDが記載されている
明らかな偽物・コピー品については即時に運営側が出品取り消し、利用制限をかけるサイトもございます。(メルカリは比較的削除が早いです)
おそらく消される前に問い合わせてもらおうという作戦なのでしょうが、このような出品者は気を付けてください。
※BANされないように、l,i.N,e.I,D :***(実際のID)といったように記号や句読点を不自然に挟んで対策している出品者もいます。)

5.新品未使用の商品ばかり販売している・同じ商品ばかり出品している
上記1-4を少なくとも1つは満たして、かつ未使用で同じ商品を出品している出品者に関してはほぼ99%偽物商品といっても過言ではないです。

 

偽物商品率:50%(やや怪しい)

1.正規品ですか?と質問すると質問を消される、刻印や購入証明になりそうなことを教えてくれない
中には正規品ですか?本物ですか?という質問については回答しないというスタンスの出品者の方もいらっしゃいますが、基本的には丁寧に対応してくれることがほとんどですし、証拠となる購入証明等の写真アップに関しても快く応じてくれるケースが多いです。
出品者側としても、後々トラブルになった時の予防線が引けますし、何より安心して購入してほしいですしね。

ただ、写真のアップに関しては購入証明書を紛失してしまったり、ブランドによっては刻印の写真についてはかなり撮りにくい場所にあるので、写真にきれいに撮ること自体難しいケースも多いです(実体験です・・・)
写真のアップが難しい・不鮮明な場合でも、刻印番号などの情報は押さえておくのがベターです。

2.ハンドルにミラーマットがついている
新品状態でハンドルにビニールがついているブランドは確認していますが、ミラーマット(薄い発泡スチロールの緩衝材)が巻かれているものは偽物の可能性が高いです。

 

偽物商品率:25%(場合によっては・・・)

1.写真が明らかに素人離れしている・背景がモデルルームのように綺麗
私もメルカリでブランド品を出品したことがありますが、プロのようにきれいに撮ろうとしても素人の力量では限界があります。
偽物を販売している出品者の写真は、まるで海外のモデルルームで撮影したようなきれいな写真のものが多いです(そうでないものもあります)
とはいえ、写真撮影のために撮影キットをお持ちといった撮影環境が非常に整っている方もいらっしゃるとは思うので、一つの注意ポイントとしてみていただければと思います。

2.やや日本語の意思疎通が困難・簡体字や英語が混ざるときがある
こちらも正規品を販売されている方で日本語が苦手な方も一定数いらっしゃるので一概には言えないところですが、
上記の条件を複数満たしていると偽物である可能性が高まります。
日本語での意思疎通が困難な出品者で、上記のポイントに当てはまる出品者には注意してみてください。

3.「プレゼントでもらった」と記載がある
コピー品の販売については犯罪ですが、もらったものだから知らなかったといった理由を盾に責任を免れようとする出品者もいます。
加えて、それをいいことに本物かどうかわからない、もし本物でなくても保証できないと言い張る出品者には要注意です。
購入後、真贋等を見てもらってからの評価にするなど自衛する必要があります。
また逆にプレゼントや頂き物の出品を考えている方は、なるべくいくつか買取店を回ってしっかり値段が付いた旨を記載すれば購入者に安心してもらいやすいですよ。

簡単な真贋見分け方ポイント(ヴィトン編)

素人の方でも簡単に、写真で判断できる真贋ポイントをご紹介させていただきます!
今回はハイブランドの中では一番取引量の多いルイヴィトンより。
※100%真贋をお約束できるものではございません。
※コピー品のレベルが高いものは、真贋ポイントをクリアしているものがございます。ご注意ください!

1.LOUIS VUITTONの【O】が真ん丸
ちなみに基準外商品はOの部分が楕円になっているものが多かったり、全体的にベタ塗り・雑なイメージです。

↑基準内商品のロゴ


↑基準外商品。Oが0に近い形になっていますね。


↑基準外商品。Lが歪んでいるところなど、全体的にバランスが悪く雑な印象を受けます。

 

2.製造刻印から製造時期を調べてみる
例えば年度や週数が明らかに合わないものや、製造番号の整合性が取れてもそのシーズンに作りがない商品などはコピー商品の可能性が非常に高いです。
ちなみに製造刻印ってどう確認するの??ととお思いの方も多いかと思いますので、見方もご紹介!

おおよそ1990年以降に製造されたお品物は、上記のように英字2文字+数字4文字で構成されています。
英字の部分が製造国を表します。この場合はPLでイタリア製と分かります。
数字4文字の部分は、1文字目と3文字目が製造週(※1)、2文字目と4文字目で製造年度を表しています。
※1:1990~2006年くらいまでのお品物は、1文字目と3文字目が製造月を表すのでご注意を。
この場合は20【19】年製の【51】週目に製造されたものとわかりますね!

製造番号の見方がわかったところで、実際に商品と製造年度の整合性が取れるかの確認ができます。
例えば、今大人気のオンザゴー
出始めが昨年の終わりくらいからだったので、例えば製造刻印がPL0116 ですと明らかにおかしいですよね。
また、コピー品はFO9288など、製造刻印そもそもの意味をなさないものも多いです。
(精巧なコピー品は製造刻印も整合性が取れるものがありますので注意してくださいね。)


オンザゴーもそうですが、人気のバッグやお財布は偽物の出回りが特に多いです。
前述の【偽物商品率】と照らし合わせて、偽物かな?怪しいなと感じる場合は購入を避けるのがベターです。

 

3.(モノグラム系限定)裁断部分がきれいに合わさっているか
モノグラム系のバッグは、裁断個所もきれいに模様が合わさるように作られています。
細かいところまで抜かりない職人技を感じます。
バッグ類を購入される方はぜひチェックしてみてください。

↑モノグラムフラワーの模様がきれいに重なっており、しっかり左右対称になっていますね!

 

4.コバの始末が雑じゃないか、色が不自然な赤色じゃないか
これはとりわけヌメ革を使用しているモノグラム系のバッグに多いのですが、明らかに塗り方が雑だったり
不自然に明るい赤色のものは偽物の可能性が高いです。

 

5.金具は不自然にテカテカしていないか
偽物・コピー品の金具は不自然に光っている(テカテカ)しているものが多いです。

↑基準外商品。妙にテカテカしています・・・


↑基準外商品

 

6.スナップボタンの留め具は尖っているか
正規品はスナップボタンの留め具(オス側)が矢印型に尖っていますが、
偽物は丸みを帯びた形になっています。
※最近の商品は基準外でも矢印型のものが多いのでご注意ください。

 

7.ボタンのホックの金具は2本平行に同じ長さで通っているか

↑基準外商品。左右の長さが違うところや、平行になっていないのがわかります。

 

8.縫い目がやや斜めになっているか・雑な始末になっていないか
正規品は縫い目がやや斜めにしっかりと縫われているのに対し、
偽物は弱弱しく、まっすぐ縫われているものが多いです。

↑基準内商品


↑基準外商品。縫い目が雑なのがよくわかりますね。

 

写真のみ正規品の出品者もいるので注意!

上記の真贋ポイントを見て、真贋ポイントをクリアしている!本物だ!と思って飛びつくのはかなり危険です。
というのも写真は本物(箱や紙袋なども)を使って、実際はそうでない商品を送り付けてくる出品者もいるためです。
しっかり評価コメントや出品者の対応を見たり、本物と判断できそうな材料をいくつか押さえてから購入することをお勧めいたします。

 

海外製の購入レシートには要注意

購入者を安心させるために、購入時のレシートを一緒に写真としてアップしている出品者がいます。
中でも海外での購入レシートには要注意です。そのレシート自体が偽物というケースも数多いようです。

ちなみに下記は日本のルイヴィトンの正規店で購入した際に発行される購入証明書です。
国内正規店で購入したというお品物に関しては、このような購入証明のアップもしてもらえるか質問してみましょう!

※購入証明書と実際の商品が一致しているかの確認もお忘れなく!

 

まとめ:正規品のご購入はブランドピースをご利用ください!

いかがでしたでしょうか。
もちろんフリマアプリで購入されることが悪いことではありません(私もちょこちょこ売ってますし・・・!)
ただ、どうしても高額商品になればなるほどリスクが高くなります
ネットでコピー品を掴まされた方の情報を多く見かけますが、泣き寝入りしている方も少なくありません。

コピー品が来ても運営側に言えばいいじゃん!と軽く考えられている方もいらっしゃると思いますが、
運営の対応自体ばらつきがあり、出品者と戦う(話し合う)必要に迫られることもしばしば。
CtoCのお取引である以上、購入者側としても自衛していく必要があると強く感じております。

弊社では鑑定士数人によるチェック後、
店頭・ネットにて販売させていただいております。
ブランド直営店で新品を買いたいけど費用面的に新品は厳しい・・・
入手困難なアイテムを手に入れたい!というお客様はぜひ弊社をご利用くださいませ!

それではまた次回!(^^)!

カンタン無料査定はこちら
LINEで
簡単査定 無料
メールで
簡単査定無料
電話で
簡単査定無料